Heidegger-
Forum
in Japan

ホーム

規約・組織
1) 規約
2) 創設趣旨
3) 主な活動
4) 会員=「賛同人」
5) 実行委員会
6) 組織の特色

大会情報

発表応募要領

電子ジャーナル

発表応募要領

発表応募要領

2017年9月16日(土)・17日(日)に、京都大学大学院人間・環境学研究科にて開かれます第十二回大会の応募発表者を以下の通り募集致します。

統一テーマ「ヒューマニズムについて / を超えて」、特集「ドイツ古典哲学」のどちらとも、二名の方に基調発表を依頼しますが、それとは別に、発表希望者を公募します。選ばれた発表者には、基調発表者と基本的に同一条件で、発表していただきます。選考は、以下の(1)(2)(3)(4)の手順とします。

(1)  実行委員会から、会員(=賛同人)メーリングリストを通して、発表希望者を募る(2016年12月)。募集枠は4名。発表内容は、統一テーマ、特集のどちらでもよい。
*応募資格は、すでに会員(=賛同人)として登録ずみで、かつ過去二年間の大会で発表したことのない者。レジュメ締切前であれば、新規登録希望者も可とする。
*新規登録については、規約・組織 4) の(1)参照。

(2) 発表希望者は、2017年2月15日までに、発表内容のレジュメを、Wordファイルまたはテキスト・ファイルの形で、フォーラム受付専用のメールアドレス宛てに添付して提出する。
*提出レジュメは、2000字以内、書式自由(A4判)とする。

(3)  送られてきたレジュメすべてを、フォーラムのホームページに、応募者氏名を匿名の形で載せる。同時に、会員メーリングリストを通して、i)発表希望レジュメHP公開の件を報告し、ii)応募のあったレジュメのうちどの発表を聞いてみたいかに関する意見、つまり支持票(記名式)を、フォーラム受付専用のメールアドレス宛てに電子メールで寄せてもらいたい旨、会員全員に向けて告知する。
*HPでのレジュメ公開のお知らせと、それについての意見送付のお願いは、2017年2月下旬までに、会員全員に対して行なう。意見メール送付の締切は、3月31日。

(4) 会員から寄せられた支持票の集計結果(送付者の氏名は匿名で扱う)を参考にして、大会立案担当実行委員会で、発表者を最終的に選定する。採否結果を応募者に通知するさいには、応募要旨に対して寄せられた支持意見を伝え、発表者には参考にしてもらう。
*応募発表の採用決定の公表は、2017年5月頃。